db04

【Dig-band Basecamp】激烈メタル日和【No.4】

(  ’-‘)前略!

今回、先ずは『Dance Gavin Dance×Protest The Hero』というやたらとセンセーショナルな言葉を想起したバンドと出会ってしまったので前のめりにご紹介していく所存です。

 

 

 

☆The Afterimage >facebook<

カナダ産のツインギター擁する5ピース。と言う訳で早速音の方参りましょう。
“O N Y X (ft. Eric Almeida of AURAS)”

かわいらしいエレクトロなイントロもそこそこに、ちゅるりらと乱入してくるギターの流麗なフレーズとヘヴィなリフ、そして甘い歌メロ。冒頭30秒でこの存在感である。
R&Bメロを駆使している一方でメタルコア譲りの凄みのあるグロウルもガッツリ入り、この辺りはBlue Swan Records勢とは趣を異にする攻撃性と言った風情。中盤辺りには不協和音を目立たせたパートも登場し、なんだこれ何でもアリかよ状態!


ちなみにBandcampでは1曲ずつ配信中。過去作もチェックしてみたところ、初期はもっとメタルコア・カオティックハードコアに焦点が合っていた模様で、Djentからの影響も伺える。そんな中で、最近はクリーントーンサウンドに力点を置いた曲を発表していると。元々Name Your Priceと思しき楽曲陣に値段が付いている辺り、期待度の高さが分かる。
レーベル未契約ながら、Facebookには”NEW Album coming soon”の文字。いや実際、コレは否が応にも期待が高まるというものですな!!!

もういっちょ。こっちも音圧十分ですぜ。
“Contraption – “Synesthesia” Headstock Cam”

いえす!Djent from Japan!

☆Contraption >facebook<

序盤はガン攻めスラッシーなDjentリフを刻みまくりながら、中盤1分40秒辺りからのリフでウォォってなります。The HAARP MachineやSikthに接近するエグいフレーズの刻みが大好物でしてね!

このバンドも一曲ずつ配信というスタイルだったり。目下最新曲”Darkness of Space”はまた違ったエグみを撒き散らす、Textures、Ciliceに接近する鬼気迫る攻撃性に満ちた一曲。後半のエモーショナルなパートなどは国産ならではの叙情が隠し味と言った風情で面白い。

Posted by:

畳色@mossgreen

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked (required):

Related articles